本文へ移動

水   稲

水    稲

浸種作業

 
 
 4/9、水稲の浸種作業の様子です。
 
浸種とは、種まき前、発芽に必要な水分を吸わせる作業です。

水温にもよりますが、6日~10日間程度行います。


 
 
 
 
 

播種

 
 
4/13、水稲の播種が始まりました。
 
 播種した育苗箱をハウスに並べ、シルバーポリで被覆して保温します。

5日程度で出芽します。
 
 

播種作業

 
 
4/16、水稲の播種作業がピークを迎えております。

写真は1箱あたり、種もみを150g程度撒撒いてます。

 

 
 

育苗

 
 

4/7に播種し、2週間後の苗の様子です。
 
 
2葉目が展開してきています。
 
 
 
 
 
 

乾田V溝直播 播種

  4/27、乾田V溝直播の播種作業を行いました。

昨年の11月に耕起、代かきを行い田んぼを乾かします。

そこにトラクターに取り付けた専用の播種機で種子と肥料を撒いていきます。




 
 
 
 
 
 

田植え

 

 5/18、管内の田植え作業がピークを迎えております。








 
 
 
 
 
 

田植え1か月後 分げつ期

 

 6/16、田植えを行い約1か月経過しました。

5月中は低温や日照不足の影響により、初期生育は良くありませんでしたが

6月に入り好天が続いたため現在、回復傾向にあります。








 
 
 
 
 
 

中干し

 

 7/7、水を抜き中干しを行っている田んぼです。

6月下旬から7月中頃まで期間で

同時に溝切り作業も行われます。










 
 
 
 
 
 
TOPへ戻る